Mac OS X 10.9 Mavericksで、Railsの環境を整える。(1/2)

どうも。グローバルビジネスソリューション株式会社のISAOです。
今回から不定期に自身の手順書を兼ねてやって来たことを記録していこうと思います。

まず、輝かしい第1回目は、OS X 10.9 Mavericksで、Railsの環境を整える際に色々と試行錯誤したので、メモとしてのこします。
困っている人のお役に立てればいいなぁ。

1. まずは、デフォで入っているRubyの環境を参照(バージョンを調べます)
ターミナルを起動

$ ruby -v
 
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [universal.x86_64-darwin13]

※Macでは、rubyがデフォルトでインストールされているため、バージョンが出てきます。

$ sudo gem install rails

You can then rerun your "rails" command.

※Railsはインストールされていません。

念のため、javaが入っているか確認します。(この後Aptana Studioをインストールするのに必要になります。Javaのインストールはここでは割愛しますので、インストールされていなければ、適宜インストールしてください。)

$ java -version

java version "1.6.0_65"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_65-b14-462-11M4609)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.65-b04-462, mixed mode)

2. 統合開発環境のインストール
 2-1. 統合開発環境のインストール
  Aptana Studioダウンロード(Aptana Studio 3.4.2を今回はダウンロード)
  http://www.aptana.com/products/studio3/download
pleiadesdownload
  Aptana Studio インストール
  ダウンロードしたdmgをクリックして出てきた画面上
aptanainstall1
  で見た目の通り、左上のアイコンをドラッグして、右下のアイコンにドロップしてインストールを終えます。

 2-2. Aptana Studioの日本語化
  Pleadesのプラグインダウンロード(今回は1.4.xをダウンロード)
  http://mergedoc.sourceforge.jp/

 2-3. プラグインを解凍して、インストールしたAptana Studioのplagin,featuresを上書きする
  ※「“features”という名前の項目がすでにこの場所にあります。現在移動中の項目で置き換えますか?」
   「“plugins”という名前の項目がすでにこの場所にあります。現在移動中の項目で置き換えますか?」
   と出たら「結合」を選択しましょう。
japanesefix
2-4. Aptana Studioの設定ファイルの最終行に以下の文言を追加
  

-javaagent:/Applications/Aptana Studio 3/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

japaneseupdate
  ※Aptana Studio 3.4.2Mac版の場合は以下にあります。
    /Applications/Aptana Studio 3/AptanaStudio3.app/Contents/MacOS

 2-5. Aptana Studioを起動して、日本語化されているか確認
  以下のようになっていれば完了
endofjapaneseupdate
3. Railsのインストール
 3-1. Aptana studioのインストールが終わりましたが、現状ではRailsのプロジェクトの作成ができません。
   1.でバージョンを見た際に

$ sudo gem install rails

You can then rerun your "rails" command.

   と出たと思います。コマンドを実行して、Railsをインストールしましょう。
   おそらくエラーになると思います。
   これは、Command Line Developer Toolsと、xcodeの利用規約への同意が必要となるためです。
   xcodeを起動しましょう。(ない場合はAppStoreからインストールします)

 3-2. xcodeを使用して、Command Line Developer Toolsをインストール
   3-2-1. xcodeを起動します。(以降のプロセスにはxcodeの使用許諾に同意する必要があります)
xcode
   3-2-2. メニューの「Preferences」から「Downloads」を選択します。
   3-2-2. ここに「Command Line Developer Tools」がなければ、すでにxcodeの使用許諾に同意しているので、次のステップへ進みましょう。ある場合はインストールします。

 3-3. コマンドの実行
   ※パスワードを聞かれた場合、自分のMacのアカウントに設定したパスワードを入力しましょう。

sudo gem install bundler
sudo gem install rails

   railsのインストール中にOverwriteを聞かれたら[y]を押して上書きします。
   インストール中にskippingされたものは今は特に気にする必要ないです。

 3-4. 確認
 Railsがインストールされたか確認しましょう。コマンドを打ちます。

   $ rails -v
    Rails 4.0.1

  今度はちゃんとバージョンが出たと思います。これで、Railsはインストールされました。

4. 動作確認の為、Railsアプリケーションをテスト作成してみる。
 4-1. テストアプリケーションを作成
  アプリケーションの作成ディレクトリまで移動してから、コマンドを打ちます。
  今回はドキュメントディレクトリ内に、testというディレクトリを作成しておいてから移動します。

  $ cd /Users/ユーザー名/Documents/test
  $ sudo rails new hoge

  ※hogeは任意です。sudoを入れているのは、依存パッケージのインストールには権限が必要になるため。

以下の様なログが出てれば正常に終わりました。

   create  
      create  README.rdoc
      create  Rakefile
      create  config.ru
      create  .gitignore
      create  Gemfile
      create  app
      create  app/assets/javascripts/application.js
      create  app/assets/stylesheets/application.css
      create  app/controllers/application_controller.rb
      create  app/helpers/application_helper.rb
      create  app/views/layouts/application.html.erb
      create  app/assets/images/.keep
      create  app/mailers/.keep
      create  app/models/.keep
      create  app/controllers/concerns/.keep
      create  app/models/concerns/.keep
      create  bin
      create  bin/bundle
      create  bin/rails
      create  bin/rake
      create  config
      create  config/routes.rb
      create  config/application.rb
      create  config/environment.rb
      create  config/environments
      create  config/environments/development.rb
      create  config/environments/production.rb
      create  config/environments/test.rb
      create  config/initializers
      create  config/initializers/backtrace_silencers.rb
      create  config/initializers/filter_parameter_logging.rb
      create  config/initializers/inflections.rb
      create  config/initializers/mime_types.rb
      create  config/initializers/secret_token.rb
      create  config/initializers/session_store.rb
      create  config/initializers/wrap_parameters.rb
      create  config/locales
      create  config/locales/en.yml
      create  config/boot.rb
      create  config/database.yml
      create  db
      create  db/seeds.rb
      create  lib
      create  lib/tasks
      create  lib/tasks/.keep
      create  lib/assets
      create  lib/assets/.keep
      create  log
      create  log/.keep
      create  public
      create  public/404.html
      create  public/422.html
      create  public/500.html
      create  public/favicon.ico
      create  public/robots.txt
      create  test/fixtures
      create  test/fixtures/.keep
      create  test/controllers
      create  test/controllers/.keep
      create  test/mailers
      create  test/mailers/.keep
      create  test/models
      create  test/models/.keep
      create  test/helpers
      create  test/helpers/.keep
      create  test/integration
      create  test/integration/.keep
      create  test/test_helper.rb
      create  tmp/cache
      create  tmp/cache/assets
      create  vendor/assets/javascripts
      create  vendor/assets/javascripts/.keep
      create  vendor/assets/stylesheets
      create  vendor/assets/stylesheets/.keep
         run  bundle install
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..
Resolving dependencies...
Using rake (10.1.0) 
Using i18n (0.6.5) 
Using minitest (4.7.5) 
Using multi_json (1.8.2) 
Using atomic (1.1.14) 
Using thread_safe (0.1.3) 
Using tzinfo (0.3.38) 
Using activesupport (4.0.1) 
Using builder (3.1.4) 
Using erubis (2.7.0) 
Using rack (1.5.2) 
Using rack-test (0.6.2) 
Using actionpack (4.0.1) 
Using mime-types (1.25) 
Using polyglot (0.3.3) 
Using treetop (1.4.15) 
Using mail (2.5.4) 
Using actionmailer (4.0.1) 
Using activemodel (4.0.1) 
Using activerecord-deprecated_finders (1.0.3) 
Using arel (4.0.1) 
Using activerecord (4.0.1) 
Using bundler (1.3.5) 
Installing coffee-script-source (1.6.3) 
Installing execjs (2.0.2) 
Installing coffee-script (2.2.0) 
Using thor (0.18.1) 
Using railties (4.0.1) 
Installing coffee-rails (4.0.1) 
Using hike (1.2.3) 
Installing jbuilder (1.5.2) 
Installing jquery-rails (3.0.4) 
Installing json (1.8.1) 
Using tilt (1.4.1) 
Using sprockets (2.10.0) 
Using sprockets-rails (2.0.1) 
Using rails (4.0.1) 
Installing rdoc (3.12.2) 
Installing sass (3.2.12) 
Installing sass-rails (4.0.1) 
Installing sdoc (0.3.20) 
Installing sqlite3 (1.3.8) 
Installing turbolinks (1.3.0) 
Installing uglifier (2.3.0) 
Your bundle is complete!
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
Post-install message from rdoc:
Depending on your version of ruby, you may need to install ruby rdoc/ri data:

<= 1.8.6 : unsupported
 = 1.8.7 : gem install rdoc-data; rdoc-data --install
 = 1.9.1 : gem install rdoc-data; rdoc-data --install
>= 1.9.2 : nothing to do! Yay!

 4-2. サーバーが立ち上がるか確認する。
  4-2-1. 作成したアプリケーションディレクトリへ移動する。
   まずは、作成したアプリケーションのディレクトリ内までコマンドで移動してから、コマンドを実行します。
   この手順どおりなら現在は「/Users/ユーザー名/Documents/test」にいるとおもいますので、作成したhogeに移動しましょう。

   $ cd hoge

  4-2-2. 次に、サーバーを起動しましょう。
   (Railsのアプリケーションには作成時にWebサーバー機能がついています)
   以下のコマンドを入力して、サーバーを起動します。

   $ rails server

  ここでエラーとなった場合は、sudoを入れましょう。

   $ sudo rails server

以下の様なログが出たら、起動出来ました。

=> Booting WEBrick
=> Rails 4.0.1 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
=> Ctrl-C to shutdown server
[2013-11-08 11:42:44] INFO  WEBrick 1.3.1
[2013-11-08 11:42:44] INFO  ruby 2.0.0 (2013-06-27) [universal.x86_64-darwin13]
[2013-11-08 11:42:44] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=990 port=3000

  4-2-3. ブラウザで見てみます。
   http://localhost:3000/
   Webrickの開始画面が表示されましたでしょうかWelcome aboardが表示されていれば、Railsは正しくインストールされました。
   webrick
   サーバーを止めるときは、サーバーが起動中のコンソール上でcontrol+cを同時に押します。

今回はここまで。お疲れ様でした。
次回は、MySQLとの連動方法です。
OS X 10.9 Mavericksで、Railsの環境を整える。(2/2)

MAC, OS X 10.9 Mavericks, Rails, 開発環境

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です