アクセス解析について考える~目的は?見るポイント~

悩む人②

今朝は、朝から雨が降っており今週は、天気があまりよくないようです。ランナーであるハンザは走りたくてウズウズしております。

さて本題。今週は、【アクセス解析】をテーマに、ブログを書いていきたいと思います。

日本で一番早く公開されたWEBサイトは、1992年2月にNTT基礎研究所(当時)の奥乃博さんが作ったものと言われております。

それから、約22年たった今、WEBサイトは進化をしてきていて、ただサイトを公開するだけで駄目な時代になってます。

サイトを最適化するためにはWEBのマーケティングは必要不可欠。

WEBマーケティングは、色々な要素が必要ですが、その中でも重要になってくるのが、アクセス解析ではないでしょうか?

アクセス解析をする目的は?

そもそも、何でアクセス解析をするんでしょうか?シンプルには、こういったことではないでしょうか?
・サイトの現状を把握したい。
・サイトの課題を発見したい。
・サイトを改善したい。
・施策の検証をしたい。

ライフスタイルを改善し、お金を貯めたいとき、現状のお金の手入りを把握するために家計簿をつけますよね。自分が何にお金を使っていて何を減らせばいいのかと、会計簿を作って数値を見える化をして節約なり、副業をするなり改善の計画がたてられます。

サイトが公開されっぱなしで、いまいち状況がどうなのか?が分からない場合は現状の数値を見える化などを改善をしていく必要があります。

アクセス解析で見るポイント

とわ言っても、じゃぁ、何から見て行けばいいのかなんてわからないですよね。解析ツールには、いろいろな機能が非常に多い場合があるので目的がハッキリしていないと、ただ数値を見て満足で終わってしまうかも知りません。

・流入キーワードの分析
・流入元サイトの分析(リファラ分析)
・流入先ページの分析(ランディングページ分析)
・コンバージョン経路の分析

・流入キーワードの分析

アクセス解析には、ユーザーがどのようなキーワードで検索してきて、サイトに訪れたのかが分かります。検索キーワードはユーザーのニーズが含まれているので、流入キーワードを確認するのは非常に需要な事なのです。想定していたキーワードで流入が来ていない場合は、サイトの内容を検討する必要がありますし、意外なキーワードで流入があれば新たなニーズを発見することが可能です。

流入元サイトの分析(リファラ分析)

どのようなホームページ(検索エンジン)からアクセスされているかを分析するのが”流入元サイトの分析”になります。

検索エンジン以外でアクセスがある場合、可能性は2つです。
・他のサイトより紹介された
・何かしらのカテゴリサイトに登録している(でも、最近はこれもスパム行為とされています)

リンク先が他のサイトの場合(業者に外部対策を頼んでいない場合)、魅力的なサイトと紹介された可能性が非常にたかいですね。
ここの直帰率が低ければ、リンク先からのサイトとのギャップが少なく、非常によい状況と見る事ができます。
また、最近はSNSからのリンクもあるので、リンク元も多様化しており、しっかり可視化する必要があります。

流入先ページの分析(ランディングページ分析)

”流入先ページの分析”は、先ほどの流入元から実際に訪問された最初のページを分析するものです。

ランディングページは直訳すると「着地したページ」となります。ユーザーが最初に見ている入り口となりますので、まずはここでユーザーを惹きつけて奥に引き込まなければなりません。
流入数が多いにも関わらず、直帰率が高いランディングページはすぐに改善を行う必要があると言えます。

コンバージョン経路の分析

サイト作成で、一番大事な事。それは「サイトの目的をはっきりさせること」にあります。えええ??そんなの当たりませじゃないか?と思うかもしれませんが、意外と出来てない所が多い。
・資料請求なのか?
・お問い合わせなのか?
・商品購入なのか?
・ソーシャルでの口コミなのか?などなど。

これらホームページ上でユーザーに行なって貰いたいアクションを、”コンバージョンポイント”と呼びます。または、コンバージョンゴールとも呼びます。
ようは、コンバージョンに至るまでのユーザーの動きを分析するというものです。

アクセス解析からわかる分析・改善提案例

悩む人

ほんの一例ですが、改善提案の例をご紹介します!

・訪問数は多いのに、お問い合わせにつながらない。
→お問い合わせへ誘導させるためのボタンを設置する。
→LPの文言、画像を変えてみる

・検索からの訪問数は多いのに滞在時間が短い。
→ コンテンツを充実させ、関連するページを紹介する。

・あるキーワードからの流入からの訪問が多いことが判明した。
→ 流入キーワードのコンテンツを増やす。

と、いつになく今日は真面目に(いつも真面目ですが)書いてみました。奥が深い。
明日も、アクセス解析について勉強をしていきます!

アクセス解析, マーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です