アクセス解析について考える~指数の見方~

メガネ

 

雨の日になると驚異の天然パーマがうねり出す、GBSハンザです。

今回は、指数の見方をウォッチしていきたいと思います。

前回は、アクセス解析について考える~目的は?見るポイント~をご紹介しました。

・流入キーワードの分析
・流入元サイトの分析(リファラ分析)
・流入先ページの分析(ランディングページ分析)
・コンバージョン経路の分析

では、どの様に指数を見て行けばいいのでしょうか?

また、今回はGoogleのアナリティクスを例として、ご紹介していきたいと思います。
アナリティクスは、Googleの無料解析ツールです。かなり詳しく解析が出来ますが、逆に細かすぎて見方が分からないという方は、非常に多いのではないのでしょうか?

Google アナリティクス公式サイト   ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス
http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

■流入キーワード分析の見方

アクセス解析での見るポイントの流入キーワードは、左メニューの【集客】>【キーワード】[有料検索]と[オーガニック検索]で確認するこが出来ます。

有料検索のキーワードは、リスティングからの流入キーワードになります。事前にGoogleアドワーズと連携することによりキーワード情報を取得することが可能になります。

サイトを訪問してくれたユーザーが、どんな目的で、検索してきているのか?ユーザーの声になりますので、しっかり確認をしましょう。
例)・社名や商品名での検索が多いのか?
・一般名称での検索が多いのか?
・その他どんなキーワードで来ているのか?

■流入元サイトの分析(リファラ分析)の見方

流入元サイトの分析では、ユーザーがどこからやってきたのか?を確認します。左メニューの【集客】>【すべてのトラフィック】で確認ができます。参照元のメディアでは、英語表記されてます。初め全然わからなかったぁ。。
■organic・・・検索エンジンの自然検索結果からの訪問
■cpc・・・リスティング広告からの訪問
■(direct) / (none)・・・リンク元が無い訪問、つまりお気に入りや直接URLを入力した際の訪問
■referral・・・参照サイト(リンクが貼られているWebサイト)経由の訪問

全てのデータを見るのは大変なので、上位の参照元を確認しておきましょう。
例)・yahooとGoogleどっちが多いのか?
・CPCからの流入はあるのか?
・SNSからの反応はあるのか?
・外部からのサイトで、紹介されているのか?

■流入先ページの分析(ランディングページ分析)の見方

流入先ページの分析(ランディングページ分析)の見方では、どのページが多く見られたのか?が確認できます。左メニューの【行動】>【サイトコンテンツ】>【すべてのページ】をクリックします。ページビューの数が多いランディングページがユーザーにとっての関心があるページになります。

■コンバージョン経路の分析の見方

コンバージョン経路の分析の見方では、左メニューの【コンバージョン】>【目標】>【サマリー】をクリックすると、コンバージョン設定で設定した全ての項目が確認することができます。
例)・購入
・お問い合わせ
・カタログ請求
・会員登録
・見積依頼
サイトの目的によって、コンバージョン設定は異なります。コンバージョンに至るまでの経路を確認し、離脱率や直帰率の改善に役立てていきましょう!

※注意!コンバージョンは、設定をしないと見れません!
次回は、コンバージョン設定について勉強していきたいとお思います♪

アクセス解析, マーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です