外部施策を考える~ナチュラルリンクの取得方法~

PAK86_yabainomicyatta20131223500-thumb-761x600-4381

本日は、立冬です。暦の上ではもう冬がはじまりましたね!これからどんどん寒くなりますので
手洗い、うがいにをして風邪予防に気を付けてくださね♪

こんにちは!ハンザです!

昨日、一昨日との内部対策に引き続き、今回もSEOの話、本日は、外部施策のお話になります。

SEOでは、内部施策と外部施策が大事だということは、ご存知の通りだと思います。

しかし、数年前から、Googleの取り締りがかなり厳しくなり、業者を通じて外部施策を(被リンクを購入)していた企業のサイトは、ペナルティを受けて順位が急降下した。圏外にサイトが飛んでしまった。というお話を非常に多く聞きました。

そもそも被リンクとは?

被リンク(バックリンク)とは、あるホームページがほかのホームページからリンクされていることです。

外部施策では、他のサイトから支持を受けているサイト(バックリンクをはられている)が評価されますが、まったく中身の無いサイトや、全く関連していないサイト、要はSEO目的の被リンクは、ほぼペナルティの対象になりました。

おそらく、SEO業者の95%は、品質の悪い被リンクサイトを量産し、そこから被リンクを提供していましたので、ペナルティを受けたという結果に陥っているみたいです。

じゃぁ、どうすればいいんだ・・・・

GREEN_NO20140125500-thumb-260xauto-4139

そうなんです。じゃ、どうすればいいんだよ。という話ですねよ。

方法は、2つ

①業者に、質の良い専用被リンクを作ってもらう(もしくは作る)
②ナチュラルにリンクが集まるようにする

①に関しては、サイト専用のペナルティにならない被リンクサイトを作ってもらうことです。しかし、いままでのように、量産してコスト分散で安価に提供することは、業者的にもほぼ無理なので、サイトのテーマに合して構築するしかありません。大規模サイトなら費用対効果としてペイできるかもしれませんが、中小規模のサイトがそこまでコストをかけれないのは事実です。

ナチュラルにリンクが集まるようにするには?良質なコンテンツを作る

そもそも被リンクは、被リンクをされるサイトがユーザーに有益な情報を与える良いコンテンツでなければいけません。上記を含めて、外注を頼まず、自社でナチュラルリンクを集めるのは以下だと考えます。

①良質なコンテンツを作る
②良質なコンテンツを随時更新できるブログを作る
③ソーシャルメディアで拡散する
④読者にバックリンクの依頼をする

①良質なコンテンツを作る

良質なコンテンツをつくる。よく聞く言葉だし、そんなのわかっているよ!思いますが、本当に、この内容はナチュラルリンクを得るために必須事項になります。

良質なコンテンツとは?

ユーザーがなぜその情報を欲しがっているのか?を考え、ユーザーの抱えている悩みや、ほしいい情報を(知りたいであろう情報)を提供するコンテンツのことです。自分が納得した記事や、他の人にも知ってほしいなと思う記事は、誰かに紹介したくなりますよね。

②良質なコンテンツを随時更新できるブログを作る

どんなに、良質のサイトを運営していても情報を更新してい場合は陳腐化してしまいます。あまり製品内容が変わらないサイトなどは、サイト内に自社運用のブログを設立し更新頻度を上げましょう。

では、どのようにブログを運用すれないいのでしょう。

①自社サイト・業界に関連した内容
②今現在盛り上がっている話題を探す

①自社サイト・業界に関連した内容

言うまでもありませんが、あなたのサイトは、なにか悩みを持っている人の悩みを解決する製品、サービスを展開しているはずです。そんな人達の役に立つ情報や、または同業の人が役に立ちそうな業界情報であったり、自社のプレスリリースの情報や、自社製品の使用シーンなど。

②今現在盛り上がっている話題を探す

ネタが尽きてきたら、Twitterやyahooトレンドなどのトレンド情報から記事を書くという方法もあります。関連性のない記事だと懸念されますが、自然にバックリンクをしてくるサイトなので、被リンク元のサイト自体健全に運用しているサイトが多いことが想定でき、まったく被リンクがない状態よりはあるほうがようでしょう。

③ソーシャルメディアで拡散する

良い情報だと思ったら、他の人にも伝えたいと思うのが今の時代。SNSの拡散ボタンを設置しない手はありません。

④読者にバックリンクの依頼をする

これは、昔からある手法ですが、サイトが良かたらバックリンクを欲するようなテキストを記載することです。
また、ECサイトなどは、購入完了後にポップアップなどで、紹介してほしいなどの出してみるのも手でしょう。

以上、結構アナログなことばかりですが、とっても大事なことです。
やれすことからやっていきましょう♪

SEO, マーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です