Eclipse+TomcatでWebアプリを作ってみましょう

Eclipseの導入はこちら

Tomcatの導入はこちら

導入したEclipseとTomcatを使って簡単なWebアプリを作成してみましょう。今回は「時刻を表示させてみる」Webアプリを作成したいと思います。

 

※予めTomcatは停止させておきましょう

※以前はEclipseにTomcat用の拡張ファイルを入れる必要がありましたが、現在は必須ではありません。

1 Eclipseを起動します。

6_1

2 メニューから「ウィンドウ」→「設定」を開きます。

6_2

3 設定ウィンドウのフィルターに「サーバー」と入力します。

6_3

4 「ラインタイム環境」を選択し、「検索ボタン」を押します。

6_4

5 「Tomcat」をインストールしたフォルダを選択し、「OK」ボタンを押します。

※インストール時にインストール先を変更していない場合は

「コンピューター」→「Windows(c:)」→「Program Files」→「Apache Software Foundation」をクリックして選択します。

6_5

6 自分でインストールした「Tomcat」が追加されたことを確認して、「OK」を押します。

6_6

7 「ウィンドウ」→「ビューの表示」→「その他」をクリックします。

6_7

8 「フィルター」に「サーバー」と入力し、サーバーを選択した状態で「OK」を押します。

6_8

9 画面上のいずれかのウィンドウ欄に「サーバー」タブが追加されます。

6_9

10 「サーバー」タブが選択されたウィンドウ上で「右クリック」を押し、「新規作成」→「サーバー」をクリックします。

6_10

11 「フィルター」に「Tomcat」と入力し、「Tomcat V8.0 サーバー」を選択します。「サーバー・ランタイム環境」から「Tomcat 8.0」を選択し、「完了」を押します。

※「Tomcat8(Java8)」を選択しても構いません。これはEclipseに予めインストールされていたTomcatです。

6_11

12 新しいプロジェクトを作成するため、「パッケージエクスプローラー」タグで右クリックを押します。

6_12

13 「新規」→「その他」をクリックします。

6_13

14 「フィルター」に「web」と入力し、「動的Web」プロジェクトを選択して「次へ」を押します。

6_14

15 「プロジェクト名」を入力し、「ターゲットランタイム」から「Tomcat 8.0」(または「Tomcat8 (Java8)」)を選択し、「次へ」を押します。

6_15

16 そのまま「次へ」を押します。

6_16

17 「web.xml デプロイメント記述子の生成」にチェックを入れ、「完了」を押します。

6_17

18 作成したプロジェクトをクリックし、プロジェクト内部のファイルを表示します。

作成したプロジェクト名の左にある「三角」をクリックするとフォルダ内のファイルを表示できます。

6_18

19 「WebContent」上で右クリックを押し、「新規」→「その他」をクリックします。

6_19

20 「フィルター」に「jsp」と入力し、「JSPファイル」を選択して「次へ」を押します。

6_20

21 「ファイル名」を入力し、「完了」を押します。

6_21

22 作成したファイルを開き、「<body>」と書いてある行と「</body>」と書いてある行の間に「<%= new java.util.Date() %>」と入力します。

6_22

23 「ファイル」→「保管」をクリックして、上書き保存をします。

24 作成したファイルの上で「右クリック」を押します。

6_23

25 「実行」→「1 サーバーで実行」を押します。

6_24

26 何も操作せず、「完了」を押します。

6_25

27 時間が表示されれば成功です。

6_26

以上でWebアプリの作成を終わります。ありがとうございました。

Eclipseの導入はこちら

Tomcatの導入はこちら

Eclipse, Java, TOMCAT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です